パールクチュールが白くならないのは本当なのか??

パールクチュールが白くならないのは本当なのか??
Pocket

パールのようなクリアな白い歯にしてくれるパールクチュールという歯磨き粉。

これって本当に白くなるの??

白くならないんじゃないの??

と思っている人の疑問を解決したいと思います。

 

パールクチュールには研磨剤が入っていない

 

市販の歯磨き粉には歯を白く見せたり汚れを取るために研磨剤が入っているものもあります。

研磨剤入りの歯磨き粉で歯を磨くと歯の表面に傷がついてしまうんですよ。

その傷ついた歯の表面に汚れや菌が入ったりなんかすると黄ばみや口臭の原因になったります。

パールクチュールは研磨剤が入っていないので安心です。

 

パールクチュールが白くなる理由は?

 

歯を傷つけずに白くしたいですよね。

パールクチュールは着色汚れを浮かせて分解させます。

それを包み込んで除去。

簡単に説明しますと黄ばみを浮かせてバイバイ!!

といった感じですね。

ホワイトニング効果に期待できる理由としては以下の成分が歯をきれいにしてくれます。

 

コーラルアパタイト

沖縄産の天然化石サンゴから独自の技術で製造されたアパタイト。

世界で初の技術だそうですよ。

色素に効果が高く、コーヒーやたばこのヤニなどの色素を吸着して歯の汚れを取り除く効果があります。

 

トリポリリン酸ナトリウム

クリニックなどでホワイトニングするときに使われるものですね。

クリニックでは一般的にはポリリン酸ナトリウムを使用していますが、このトリポリリン酸ナトリウムはそれよりはるかに高い効果があるのが証明されています。

ホワイトニングしながら歯の表面をコーティングしてくれます。

ですので、歯の汚れを落とすのと同時にステインや歯石がつくのを完全に予防できます。

 

パール

パールは美白や美肌効果があることで有名ですよね。

そんなパールが歯の表面を洗浄して汚れを落とし、修復してくれます。

 

白くならない人に共通している理由は?

 

 

口コミなどを見ていると白くならなかったといっている人のほとんどはすぐにやめてしまっている人でした。

逆に白くなったと言っている人は継続して1か月、二ヶ月と使用している人でした。

継続して白くなる商品ですので最低でも1か月は継続して使用してみてはいかがでしょうか??

 

毎日の歯磨き粉をパールクチュールに変えてホワイトニング

 

歯磨き粉って毎日使うものだし、苦にはならないですよね。

日常の必ず行う習慣ですから。

その日常の習慣に使っている歯磨き粉をパールクチュールに変えるだけで歯が白くなるんですよ!!

これってすごく簡単なことだと思いませんか??

歯を白くするにはとにかく継続が大事ですが毎日使うものですから継続するのは簡単ですよね!!

公式サイトを見てみて購入を検討してみてはいかがでしょうか。

公式サイトを見る

パールクチュールカテゴリの最新記事